研究室紹介 Laboratory LINE UP

  • ネットワーク
  • 人工知能

知能情報システム研究室

人間指向的な未来型ソフトウェアを創造

人間の脳に近い高度な能力を持ち、高品質で知的なソフトウェアを容易に作成するためのプログラミング方法や人工知能および情報処理技術の研究を行っています。 特に、誰もがいつでもどこでも利用可能な「ユビキタスネットワーク」や「パーベイシブコンピューティング」を意識し、より人間指向的な未来型ソフトウェアの創造をめざした研究を進めています。 例えば、周囲の状況を認識・判断し、自律的に行動する擬人化された知的ソフトウェア「エージェント」。これは人の代理として秘書的な仕事や複雑な作業もこなしてくれる一種のロボットです。

知能情報学、人工知能、
システム情報工学

人工知能のイメージ図。研究室では、生物の生態にヒントを得たアルゴリズムの開発も行っています

太田 集さん

社会に貢献する
ソリューションを作りたい

人工知能の技術を用いて、交通に関する危険から人の命を守るテクノロジーを生み出すことをめざし、研究を進めています。 この技術を用いてさまざまなソリューションを生み出していきたいと思います。

  • 能登 正人 教授

    [連絡先]

    noto@kanagawa-u.ac.jp

    能登先生のインタビュー
  • 辻 順平 特別助教

    [連絡先]

    tsuji@kanagawa-u.ac.jp

    辻先生のインタビュー

[主な担当科目]

能登:情報技術T・U,電気電子情報実験W

辻:電気電子情報実験T・U

  • 研究分野

    ・知能情報学 ・システム情報工学 ・人工知能

  • 研究内容

    ソフトウェアやネットワークを中心に、人工知能やコンピュータサイエンスの分野における知的情報処理技術の基礎および応用研究を行っている。

  • 研究紹介

    人工知能技術を駆使し、人間の脳のように高度な能力を持ち、高品質で知的なソフトウェアを容易に作成するための研究を行っています。 特に最近では、誰もがいつでもどこでも利用可能な「ユビキタスネットワーク」を意識し、より人間指向的な未来型ソフトウェアの創造を目的とした研究を行っています。 たとえば、「エージェント」研究はその一例です。エージェントは周囲の状況を認識・判断し自律的に行動する擬人化された知的なソフトウェアであり、人間の代理人として秘書的な仕事や複雑なこともしてくれます。 また、次世代ワイヤレスネットワークの研究として、自律分散型で固定インフラを必要としない「アドホックネットワーク」に関する研究なども行っています。

発表論文

1) Agent-based Social Simulation Model for Analyzing Human Behaviors using Particle Swarm Optimization, International Journal of Computer and Information Technology, Vol.2, No.5, pp.850-859 (2013).
2) Optimal Sink Node Allocation for Balancing Communication Load in a Wireless Sensor Network, International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems, Vol.6, No.4, pp.1533-1558 (2013).
3) Multiagent System Based on Genetic Access Matrix Analysis, International Journal of Electronic Commerce Studies, Vol.3, No.2, pp.305-324 (2012).