確かな基礎学力と、応用センスを共に身につけた技術者を育成。

主任あいさつ

主任あいさつ

時代の変化に対応できる力を身に着けよう!

昨今、さまざまな分野で人工知能(Artificial Intelligence: AI)が注目されていますが、みなさんは今日のような状況になることが数年前に想像できたでしょうか?また、一昔前には多くの研究者・技術者によって、ユビキタス社会の実現を目指した研究・開発が進められて来ましたが、最近ではモノのインターネット(Internet of Things: IoT)と呼ばれ発展しています。現在ブームとなっているAIやIoTは、電気電子情報工学とも深い関わりがあり、本学科においても、かなり前からこれらに関する研究に取り組んでいます。
電気電子情報工学科では、常に時代の最先端の研究テーマを扱いつつ、その基礎となる技術・知識の習得が重要であると考えており、電気・電子・情報・通信分野において、質の高い教育を提供しています。どのような時代になっても、社会で活躍するためには努力を惜しまず時代の変化に対応できる力を身に着けることが不可欠です。今後、いろいろなブームが到来すると思いますが、電気電子情報の技術はますます発展し、社会のいたるところで必要とされるでしょう。この分野に興味があり志の高い諸君を、電気電子情報工学科教職員一同、歓迎します。是非、本学科で学びませんか?

能登 正人 学科主任(教授)
能登 正人 学科主任(教授)

知能情報システム研究室
ソフトウェアやネットワークを中心に、人工知能やコンピュータサイエンスの分野における知的情報処理技術の基礎および応用研究を行っている

知能情報システム研究室 詳細はこちら

▲ PageTop

教育理念

電気電子情報工学科は、本学・本学部が規範とする教育理念のもと、下記目的の達成に邁進しています。

教育研究上の目的

電気電子情報工学科は、本学及び本学工学部の教育研究上の目的の下に、現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの関連分野について研究を促進すると共に、これらの分野について幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる人材の育成を目的とする。

▲ PageTop

3つのポリシー

電気電子情報工学科は、以下の3つのポリシーを持っています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本学科では、電気、電子、通信、情報及びこれらの関連分野を学び、社会に貢献する人材を育成することを教育目標としており、以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。

  • 1.なによりも電気、電子、通信、情報分野の技術や製品に興味があり、これらを学ぶことが好きな人
  • 2.未来に向けて挑戦しようとするフロンティア(開拓)精神にあふれた人
  • 3.現代技術を学修していく上で必要な数学、理科、英語等に関する高等学校卒業以上の基礎学力を有する人

教育方針・支援体制について詳しくはこちら

▲ PageTop

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの関連分野について、幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる人材の育成を目指しています。これを実現するため、具体的には、以下の教育目標を掲げたカリキュラムを設定しています。

  • 1.総合大学の特色・利点を活かした多彩な全学共通教養系科目の学修をとおして、幅広い視野と教養に培われた常識を身につけます
  • 2.技術開発最先端状況を学び、技術者倫理を考える学修をとおして、電気電子情報技術者としての誇りを持ち、現代社会に果たすべき技術者の役割と責任の自覚を培います
  • 3.電気電子情報技術の基礎となる数学、物理、情報技術の学修をとおして、その応用能力を身につけます
  • 4.電気、電子、情報、通信の専門分野及びこれらの関連分野について基礎から学び、同時に最新の研究・技術開発情報に触れる学修をとおして、自己の専門を決め技術革新に適応できる能力を身につけます
  • 5.工学的センスや直感力を身につける実験・演習科目の学修をとおして、問題解決能力を身につけます
  • 6.卒業研究ならびに輪講における、主体的、計画的な取り組みの徹底的な学修をとおして、社会の要求を解決するためのデザイン能力及び生涯学習能力を身につけます
  • 7.「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」や演習科目、輪講、卒業研究等、種々の場での演習をとおして、技術者に求められる論理的な記述力、口頭発表能力、討議等のプレゼンテーション能力を身につけます
  • 8.国際都市、横浜ならではの外国語科目(英語)の学修をとおして、国際的に活躍するために欠かせないコミュニケーション能力を身につけます

なお、専門教育の体系としては、1年次、2年次では基礎となる数学、物理学等の基礎科目の学修に続いて、専門の基本となる電気回路、電気磁気学、情報処理等の必修科目を学修し、その後、各専門分野に進むための基礎となる基盤科目を選択して学びます。3年次には各々が進む専門分野の知識を修得する専門科目を選択して学び、4年次では、それまでに学んだ知識、技能を用いて総合的に応用、展開する能力を身につけるための卒業研究を行います。

カリキュラムについて詳しくはこちら

▲ PageTop


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科の教育目的の下に定められた電気電子情報工学科カリキュラムにおいて卒業要件単位を修得した者は、幅広い教養と英語及び電気工学、電子工学、通信工学、情報工学とこれらの関連分野についての幅広い基礎知識と専門知識の修得に加え、次に掲げる素養及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  • 1.幅広い視野と教養に培われた良識ある市民としての判断力
  • 2.社会に果たすべき技術者の役割と責任の自覚
  • 3.実践的技術者として必要な数学、物理学及び情報処理の基礎的知識とその応用能力
  • 4.幅広い専門知識と最新技術情報に裏付けられた急速な技術進歩への対応能力
  • 5.工学的スキルやセンス、直感力に培われた問題解決能力
  • 6.社会の要請に対応するためのデザイン能力及び生涯学習能力
  • 7.記述力、口頭発表力、討議等のプレゼンテーション能力
  • 8.社会的、国際的に活躍するためのコミュニケーション能力

進路情報について詳しくはこちら


3つのポリシーについて詳しくはこちら

▲ PageTop

カリキュラムの特色

基礎学力と応用センスがバランスよく身につくよう編成されています。1年次では、この分野の基礎となる数学・物理学を学修。その後、じっくりと時間をかけて専門的な知識や技術的な能力などを高めていきます。4年次の卒業研究では、それまでに学んだ力を生かし、研究開発を自分で計画・設計し、遂行する力を 養います。

カリキュラムについて詳しくはこちら

▲ PageTop

▲ PageTop