僕らの就活記録室
山本 優斗 内山 雅貴
Vol.2『現場での仕事と、学校での勉強』
現場と学校の違い
山本

実際に内定をもらった企業で働くようになるけど、学校の勉強は活かせそう?

内山

成果をあげるためには努力しなければ、ということが前提にあって、その姿勢がどんな仕事であれ社会に活かせるんじゃないかと思っていますね。学校の勉強と現場を比べると知識不足を感じていますが、今までの自負があるので、頑張れると思います。山本さんはどうですか?

山本

僕はそもそも学校の勉強と社会で働くことは別物だと思っているからね。学校でやってきたことは実践ではあまり役に立たないと思う。学んできたことを基礎として何かを創っていく、ということが会社で働くということかな。

内山

実際に見てきたような話し方ですけど、どうしてですか?

山本

実は、実際に内定をもらった企業のインターンシップで見てきたからだよ。

pagetop
インターンシップでわかったこと
山本

僕は大学院の1年次にインターンシップに参加したんだけど、学校と現場が全然の別物だということがわかっただけでも大収穫。

内山

そのきっかけは何だったんですか?

山本

インターンシップの時にお世話になった上司の方。開発途上で止まっている案件を次々に実現させていく、問題解決能力が高かった人でした。なぜなら、特に現場で重要視されているのがその能力で、それは現場でしか養われない能力だったからね。

内山

言うなれば「現場力」ですかね。僕は会社そのものを現場として捉えて、その会社じゃなきゃできないこと、そのために自分が何をするべきかが、仕事で一番大切だと思うようになりました。

山本

人事担当者に聞いた話だと、最近はそういう目的や意識を持っている人が少ないらしいよ。自分をアピールするために必要だと思うけどなあ。

pagetop
仕事を楽しむためには 内山

そういえば、先日OBの人に会って会社についての話を聞く機会があったのですが、思っていたよりも自由な社風のようなので、自分の性格にも合っているかと思いました。

山本

そういう会社なら仕事も楽しめそうだね。けど、僕は楽より敢えて困難な方に進みたいな。遠回りだと思われても、わざわざ人がやらないようなことをやって、そこで見えてくる問題に直面して、解決する経験をしていきたいし、そうすることで仕事を楽しめると思うな。

内山

山本さんは根っからの技術者気質なのかもしれませんね?

山本

問題や制約が多いほど燃えるっていう(笑)。

内山

燃えると言えば、ロボコンとかそういったコンテストに興味はなかったんですか?

山本

ロボットの研究っていうのは、コンテストに出ること自体が目的ではなく、また、非日常的な場面での適応が重要じゃない。階段の昇り降りといった日常生活をこなせる誘導ロボットを完成させることが目的だったんだ。もちろん、技術の向上を競うのはいいことだけどね。

pagetop
目標となる人物 山本

目的といえば、仕事をする上で目標とするエンジニアや影響を受けた人はいる?

内山

それはやはり、内定をもらった企業の社長ですね。電気自動車事業にいち早く着手した社長の戦略・先見性には憧れます。それに僕は、あるものを応用して広めるよりも無いものを世に広める方が楽しいと思うんです。

山本

僕はインターンシップでお世話になった上司かな。一緒に仕事をすることになるのが楽しみなんだ。

内山

お世話になったといえば、研究室の遠藤先生や土屋先生をはじめとする学科の先生方も忘れてはいけませんね。

山本

僕も研究室の指導教授の渡辺先生や山口先生以外に、他の研究室の先生にもたくさんアドバイスを貰ったことがあるなあ。

内山

教職という立場にありながら、研究に対する真摯な姿勢は、これから工学という世界で仕事をする上で、目標にしたいな。

pagetop