理系女子のキャンパストーク!

キャンパストークTOPへ戻る
2012年度の現役理系女子が語る、就職にまつわるエトセトラ!

松澤先生今回の座談会もいよいよ大詰め。最後はみんなが避けて通れない「就職」というひとつの目標地点について話を聞いてみようと思います。そして、ここからは昨年から学科に加わったフレッシュな女性教員、宮田先生に聞き手役を交代するので、相談や質問も交えながら就職について今考えていることを教えてください。

宮田先生それじゃあ、よろしくね。さっそくだけど、今、具体的に就職したいと思っている企業が決まっている人はいるのかな?

高橋さん

高橋さん私は就職についてはまだ具体的には決まっていないんですけど、そろそろ決めなきゃいけないんですよね・・・。でも、元々発電に関する仕事に興味があるので、電気系の研究室に進んで、電力系の企業に就職したいと思ってます。今は知識もそうですが、エンジニアとして必要なコミュニケーション力や、自分の研究を相手に伝えるプレゼンテーション力が足りないと感じているので、まずは3年生での実験や4年生での卒研に向けてそれらの能力を身に付けていきたいと思います。

宮田先生確かに今の時点で具体的な職種まで決まっている学生は少ないかもしれないね。でも、将来に向けて、どんなことを学んで身に付けていけばいいのか、それがわかっているのは大きいんじゃないかな。

岸さん

岸さん私は考えが変わったパターンで、去年までは鉄道会社に就職したいと思っていたのですが、学科で勉強してきたことによって今は通信系企業に就職したいと考えるようになりました。元々高校で通信系の勉強をしていて馴染み深かったし、父が通信系の企業に勤めているということもあり、いろいろな話を聞いている内にインフラ系の仕事もいいなあ、と思うようになりました。自宅に父が会社の人達をよく連れて来てたので、ここでは話せないような興味深い話もたくさん聞くことができました(笑)。

宮田先生そんな近くに希望職種の関係者がいるのは、いい参考になりそうね。いろいろなアドバイスも聞けるんじゃないかな。

勝俣さん

勝俣さん私も元々、教職に就こうと思っていたのですが、考えが変わった人です。地元に貢献したいという気持ちで就職を希望していて、今興味のある電気回路などの分野のエンジニアとして地元で就職したいと思っています。でも、今地元でそういった求人が少ないので、来年以降はどうなっているのかという不安を感じています。これから具体的にやりたいことを見つければ、東京や神奈川といった馴染みのある地域での就職も視野に入れることができると思うので、可能性を狭めずに勉強していきたいと思います。

宮田先生そうだよね。まだまだ可能性の広がる年齢だし、好きなことや夢中になれることを見つけるチャンスはたくさんあると思うわ。

勝俣さん

近藤さん私は逆に、将来やりたいことが多すぎてまだ就職プランを決めかねているのですが、大きく分けて民間企業にエンジニアとして就職するか、警察への就職に絞られています。電気回路などの研究は好きで楽しいのですが、ネットのセキュリティ対策にも興味が湧いてきたので、今は警察や官庁のセキュリティ部門に注目しています。調べたところによると、特に理系出身者が少ないということなので、今後のネット環境の進化・変化を考えると、より必要性が高くなる業種だと思っています。

宮田先生やりたいことがたくさんあると、悩んじゃうよね。でも、その中から自分に合った仕事や、やりたい仕事を見つけることができれば、本当に続けていける仕事になると思うな。

近藤さん

神保さん私はみんなとは違って、入学当初から元々就活をする予定はなく、在学中に興味を持った分野の大学院への進学とか考えていたので、今の段階では特に就職したい企業はないんです。ただ、映画関係だと話は別で(笑)、できるなら映画配給会社に就職して映画産業に関わって、エンタメ業界を盛り上げたい思っています。でも、映画の制作そのものにも関わりたい気持ちがあるので、まずはこれから大学で映像関係の研究をして、卒業後は進学して映画製作について本格的に勉強したいとも思っています。

宮田先生私はよく学生からの相談を受けるんだけど、将来やりたいことがはっきりしている学生は、それを実現するための具体的なプランを考えていることが共通点なの。神保さんのような話を聞くと頼もしいわ(笑)。

張さん

張さん私は技術や知識を身に付けるために日本に来たのですが、将来は日本で学んだ知識や技術を活かすため、日本の技術系の企業にエンジニアとして就職したいと考えています。最近では中国人の受け入れ体制を整えている企業も増えてきているので、頑張ります。でも、しばらくはまだ就職せずに、大学院で工学についてもっと勉強したいと思っているので、まずは確かな知識と技術を身に付けてから、日本の企業で活躍したいです。

宮田先生確かに日本の企業も外国人の受け入れ体制が広まってきているわね。特に技術職ではIT技術の発展もあるし、多くの優秀な人材が求められているんです。

2年次篇 理系女子の座談会を終えて
理系女子のホンネはみ出し!?トーク

近藤さん今回集まったみんなは、それぞれ違った考え方や夢を持っているけど、工学に対する興味や好奇心は並々ならぬものを持っていて、さすがは理系女子、といったところだね。まだ何もわからない1年生から2年生になったことで、勉強について、将来について、そして自分についてもわかってきたんじゃないかな。これから3年生になってそれぞれ研究室に所属して、専門の研究をしていくわけだけど、いい出会いや経験になるといいなあ。そしてまた来年、この場で集まって話を聞くのが非常に楽しみだね。このページを通じて、電気電子情報工学科の学生がどんな風に考えてどんなふうに成長していくのか、受験生のみなさんの参考になったら嬉しいな。

理系女子のホンネはみ出し!?トーク
松澤和光 教授 宮田純子 特別助手 近藤 靖子 さん 勝俣 恵梨奈 さん 高橋 杏奈 さん 岸 裕美 さん 神保 さん 張 さん