理系女子の明日のために! 電気電子情報工学科の研究紹介

電気電子情報工学科の研究分野である電気や電子の分野でも、女性
の研究者が活躍しています。
今回は、そんな研究者を目指す電気電子情報工学科の理系女子達の
研究内容についてご紹介します。

プラズマ工学研究室

テーマ:爽やか感を表現した光オブジェの製作

青色LEDの心理的影響?

照明デザインは快適な照明空間のデザインと、
楽しむためのオブジェ創作に分けられます。

Point!

紹介しているテーマは光オブジェの創作。
青色LEDを用いて、青色が人の心理にどんな影響を与えるかをオブジェ創作を通して探求しています。

プラズマ工学研究室はこちら

電子回路工学研究室

テーマ:大型動物音声の可聴化に関する研究

動物同士のコミュニケーション方法って?

コウモリのような小型動物は超音波を利用していますが、体の大きな動物の中で、ある種の動物は20Hz以下の人の耳には聞こえない低い周波数でコミュニケーションしていることがわかっています。

Point!

この様な低い周波数の音を可聴化する電子回路は、携帯電話などで使われている回路を応用して作ることができるんです。作成した回路により、身の回りにある感じることのできない世界を垣間見ることができるようになり、動物同士のコミュニケーションの研究に役立つと考えられています。

電子回路工学研究室はこちら

生体・環境計測研究室

テーマ:海洋中を伝わるイルカの鳴き声のシミュレーション

イルカやジュゴンの会話方法を探る

イルカやジュゴンなどの海洋生物は海の中で超音波を使って獲物である魚の位置を調べたり、仲間同士で会話しています。

Point!

そのイルカやジュゴンの鳴き声を観測する新しい装置の開発が始まっていますが、研究の一環として、イルカの鳴き声が海の中をどのように伝わっていくかをより正しく予測するための『イルカの鳴き声を予測するコンピュータシミュレーション』の研究を行っています。1台のパソコンだけでなく、多数のパソコンを連携して素早くシミュレーションする技術の開発も同時に行っています。この研究でイルカの生態がもっと詳しく知ることができます。

生体・環境計測研究室はこちら

光・波動工学研究室

テーマ:目に見えない電波の可視化

生活に欠かせない電波の研究!

電波は私たちの生活にとってなくてはならない存在です。ラジオ・テレビ、携帯電話,無線LAN、ETC、GPSをはじめとする様々な無線通信システムなどに広く利用されています。

Point!

電波の可視化の研究からは実用化を阻む問題が明らかになり、様々な電波の利用に役立ちます。

光・波動工学研究室はこちら

半導体工学研究室

テーマ:高速高精度DNA解析分析のための素子開発

DNAの分析装置の開発を自分自身の手で!?

今、インフルエンザなどの伝染病や感染症をもっと正確に特定するためのDNA解析用分析装置の開発が求められています。半導体工学研究室では、これまでの装置より、高精度かつ短時間で解析可能な分析装置用の素子を半導体を使って開発することを手掛けています。

工学部なので、数学や物理の知識が必要なのは勿論ですが、高校で履修した生物の勉強も無駄なく卒業研究に生かせるので、とても楽しく、勉強の幅も広がります。その広がりの一環として、現在、他大学の医学科や生物学科との共同研究も実施しています。

Point!

研究では、分析装置開発の初めから終わりまで、全て自分自身が関わって実施するので、この研究の動機や、この研究がどのように世の中に役立つのかという視点からとらえることができ、社会との繋がりがしっかりと感じ取れます。 なにより、実際に考えたものが装置として一つの形を作り出すという深い経験を通して、しっかりと考える力が身についていくことが実感できます。

半導体工学研究室はこちら